Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1151] ついでに

「私は一生懸命やっているし、可愛がっているんだからいいでしょう」
という発言を良く聞きますが、譲渡した動物を可愛がって頂くのは当然です。可愛がって下さらない人(家族同様に考えて下さらない人)にはお渡ししていません。
一生懸命やっていても、向かっている方向が反対では全く意味がありません。

言葉が話せない動物に対して、症状が改善していないのに自分が一生懸命やっているからこれでいいの、と結論付けるのはエゴでしかありません。「常にこれでいいのだろうか?自分がこの症状だったらどうする?」と自問自答して行きながら模索していかなければならないのです。
それは人間に対しても同じで、自分に置き換えて考えられない人は、人間とも良いコミュニケーションが成立しないと私は考えています。

  • 2011-01-26
  • 投稿者 : N
  • URL
  • 編集

[C1152] ヨコから失礼します

「Nさまのコメント」についてです。
なかなかシビアなご意見。今の日本では動物のことで一生懸命になる人間は希少だと思います。
具体的にどういう行為を指しておられるのかは定かではないですが「知識」は大切だと日頃感じております。飼う以上、獣医師と喧嘩できるほど勉強するのが理想的です。
  • 2011-01-27
  • 投稿者 : NM
  • URL
  • 編集

[C1153] 日々精進

N様
コメントありがとうございます
人間謙虚さが必要ということですね

判断の難しい事は確かにありますが
今回の事はとても
心に刻まれました
またあの子たちの家族探しを
いっしょにさせていただきたいと思います
  • 2011-01-28
  • 投稿者 : しばごん
  • URL
  • 編集

[C1154] 日々学習

NM様
ご来訪、コメントありがとうございます

多分動物の命と人間の命、しいては自分の命の差がないのだと思います
人は知らず知らずのうちに
「たかが犬猫のはなしではないか」というのが
いざという時にその言葉や空気で伝わってしまうものです

獣医先生でもそういう方は
喧嘩するほどの価値はないですね
こちらが真剣であれば
志のある先生には伝わりますので
最大限の力を引き出してもらえるのだと思います

やはりこちらも真剣でなくては
人の心は動かせないですからね
そして、そうですね
学びの気持ちも忘れてはなりませんね

だんだん脳細胞が壊れていますが
忘れない様にいたします
ありがとうございました

  • 2011-01-28
  • 投稿者 : しばごん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nishieifuku.blog36.fc2.com/tb.php/1894-db55c8e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

発情したら、それは適正な時期

譲渡条件、誓約書の文面を見直す時期なのか?
最近「あれ??」と思うことが多いのだが
私たち世界の流れから置いていかれてる?
この世界は大丈夫?って思う
譲渡会0122
(世界はこんなに美しいのに人間は悲しいな)

この文面は
いい加減な飼い主や里親詐欺に会わない様にと
作られているので
これに抵触するということは
良い飼い主ではないということなんだよね

動物を飼育する人は何万といるが
何年か連れ添い暮らした動物を
平気で捨てる人も何万といる日本で
時間や労力、お金を持ち出してまでも
救おうとしているボラの立場からは
どうしても厳しくなるわけです

*続きはこちら↓





********************

1. ペット可の住宅に居住、完全室内飼いの可能な方
2. ご家族全員が猫を飼う事に賛成であること
3. 適正な時期での避妊手術(実施後に病院の領収書をご提出いただきます)
と年一回のワクチンの接種、健康状態のチェックをかかさないこと
4. 家族の一員として終生大事に育ててくださること
5. 引越しや結婚など環境の変化が起きても、飼育の放棄を決してしないこと
(アレルギーが出た等ということがあっても同様です)
6. 先住猫のいる場合は双方に病気感染のないよう注意をしていただける方
7.ご自宅へのお届けが可能な方
8.譲渡時に誓約書の取り交わし、身分証明書の提示に応じていただける方
9.譲渡後、定期的に写真付きでご報告をいただける方
10.子猫のため、家族全員の留守時間ができるだけ少ない方(日常的に4時間以上留守のある方はご遠慮させていただきます)。猫の世話をされない方だけが在宅している場合は留守と同じになります。ご注意下さい。
11.一人暮らしの方の場合は、緊急の場合の保証人(飼育可能な方に限ります)を立てられる方
12.これまでにかかった医療費の一部負担を了承していただける方

********************

3. 適正な時期での避妊手術(実施後に病院の領収書をご提出いただきます)
と年一回のワクチンの接種、健康状態のチェックをかかさないこと

だが、適正な時期って?いう認識が
人によって大差があることが、今回の反省点だ

医療行為も動物病院の先生によっても随分変わる
病院の施設や先生の技術
また、理念や自信などによっても違う
「死にはしないから」と放置されれば
死ななくとも、苦痛を続けさせるのは「優しい虐待」だ
そもそも健康な子猫が、里子に行ったとたんに
「死ぬ」ようなことになることは
かなり異常な事態だと思うが
「死にはしないから」というのは
こういうときに使う言葉じゃないんじゃないかと
耳を疑った

適正な時期にというのは、よく6ヶ月~8ヶ月、体重2㎏というのが
一般的な目安だが個体差がある
もう発情が始まったら、もう成熟しているということで
それは適正な時期だということです

人間も小さな大人がいるように
小学生で生理が始まった早い人もいれば
中3から高校生になってからの遅い人もいます
すでに発情しているのに(人間も良く我慢できるなと感心するが)
「まだだ!」と頑張るのは理解に苦しみます

また、発情と共に他の病気を併発しているとき
発情との因果関係と麻酔や手術により
他の病気のリスクが高くなるかどうかが
手術をするしないの判断基準になると思いますが
私が見つけた限りのサイト情報では
発情中はそうでないときよりも手術が難しく(長く)なる
ようで、先生の技術面が問われるかな?という感じ
犬の場合は避妊手術もより大きいウェイトになるので
発情時は他の手術も避ける傾向はあるよう

参考:●避妊の時に発情していたら?
発情中は、物悲しく鳴き続けとてもうるさくなる雌猫もいるが、すばやく発情を止めるために避妊する。オーナーが発情に気付かなかった時には発情中に避妊をしてしまう。その場合、組織の充血や血管が大きくなるためにわずかに避妊が難しくなる。発情中の避妊は猫に重大な危険をもたらす事はないが、余分な手術時間が必要になるため、追加費用を請求されるかもしれない。

だそうです

いずれにしても
「適正な時期」見解の相違で
他の病気も併発し、明らかに猫に負担がかかっていることが分かり
改善させないときには、残念なことですが
譲渡契約は破棄になるのです
スポンサーサイト

4件のコメント

[C1151] ついでに

「私は一生懸命やっているし、可愛がっているんだからいいでしょう」
という発言を良く聞きますが、譲渡した動物を可愛がって頂くのは当然です。可愛がって下さらない人(家族同様に考えて下さらない人)にはお渡ししていません。
一生懸命やっていても、向かっている方向が反対では全く意味がありません。

言葉が話せない動物に対して、症状が改善していないのに自分が一生懸命やっているからこれでいいの、と結論付けるのはエゴでしかありません。「常にこれでいいのだろうか?自分がこの症状だったらどうする?」と自問自答して行きながら模索していかなければならないのです。
それは人間に対しても同じで、自分に置き換えて考えられない人は、人間とも良いコミュニケーションが成立しないと私は考えています。

  • 2011-01-26
  • 投稿者 : N
  • URL
  • 編集

[C1152] ヨコから失礼します

「Nさまのコメント」についてです。
なかなかシビアなご意見。今の日本では動物のことで一生懸命になる人間は希少だと思います。
具体的にどういう行為を指しておられるのかは定かではないですが「知識」は大切だと日頃感じております。飼う以上、獣医師と喧嘩できるほど勉強するのが理想的です。
  • 2011-01-27
  • 投稿者 : NM
  • URL
  • 編集

[C1153] 日々精進

N様
コメントありがとうございます
人間謙虚さが必要ということですね

判断の難しい事は確かにありますが
今回の事はとても
心に刻まれました
またあの子たちの家族探しを
いっしょにさせていただきたいと思います
  • 2011-01-28
  • 投稿者 : しばごん
  • URL
  • 編集

[C1154] 日々学習

NM様
ご来訪、コメントありがとうございます

多分動物の命と人間の命、しいては自分の命の差がないのだと思います
人は知らず知らずのうちに
「たかが犬猫のはなしではないか」というのが
いざという時にその言葉や空気で伝わってしまうものです

獣医先生でもそういう方は
喧嘩するほどの価値はないですね
こちらが真剣であれば
志のある先生には伝わりますので
最大限の力を引き出してもらえるのだと思います

やはりこちらも真剣でなくては
人の心は動かせないですからね
そして、そうですね
学びの気持ちも忘れてはなりませんね

だんだん脳細胞が壊れていますが
忘れない様にいたします
ありがとうございました

  • 2011-01-28
  • 投稿者 : しばごん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nishieifuku.blog36.fc2.com/tb.php/1894-db55c8e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

sonarbangla

「預かり日記」へようこそ!
愛しのレディとCoCoたん
そして、
杉並の「飼主のいない猫」たち
全ての愛すべき者たちへ・・・

Extra

プロフィール

sonarbangla

Author:sonarbangla
「預かり日記」へようこそ!
愛しのレディとCoCoたん
そして、
杉並の「飼主のいない猫」たち
全ての愛すべき者たちへ・・・

最近の記事

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D01

いつでも里親

いつでも里親募集中

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。