Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1359] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012-02-24
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nishieifuku.blog36.fc2.com/tb.php/2383-0de4e87f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

TNRと動物愛護センターとそしてフクシマ

【TNR】とは
Trap:捕獲器で猫を捕獲し、Neuter:不妊・去勢手術をし、Return:元いた場所にもどす。
と、すでに皆様ご存じの方が多いと思いますが

何故不妊手術しなければならないの?
何故全部保護してもらえないの?という
質問は捕獲中にもよく寄せられます

前者は手術反対の猫を増やしたい人たち
自然淘汰という飢えや病気、事故による苦痛は容認するけれど
人の手による手術というものを不自然だといいながら
家ネコ科という種の猫を外で飼育したがる
お金を出したくないか責任をとりたくないタイプの人が多し

後者は猫の被害で困っていてその場から猫が居なくなって欲しいと願う人と
動物が好きで可哀そうに思っているが自分ではできない人
やはりお金も労力も出したくないか責任を取りたくない人に多し

お金を出したり責任をとったりするのを嫌うのは
これは日本国民に特有の性質なので特に気にすることはない
「あぁまたか・・・」というだけ

さて、外にいる猫は何年も前に
捨てられたか脱走したか
(脱走したには発情で飛びだしたが戻れないか
飼育環境が悪く逃げたかだ、いづれも飼い主の不適正飼養が問題)
出入り自由で飼われていた猫の子孫である
外猫は放っておくと増えることはあってもへる事はない

まぐろやさんまの大群は大漁~と嬉しくなるが
猫じゃ、そりゃまずいと思うのが
ノーマルな人間の感想だから増えない為の努力は
本来は近隣住民か猫に関わっている人がやるのが望ましい
時々ちゃんとした人間がいて自分でがんばってやったり
ボランティァに相談して完了させてくれている
が、昭和か大正時代の生きる化石のような人種もいて
それには地域差年代差がある

そして【愛護センター】
愛護センターと言いつつあまり愛護しないところがミソなんだけども
こちらに運ばれる猫のほとんどは
生まれて間もない子猫たち
(というのは、猫を捕まえるのは至難の業ではないからだ)
未手術の家猫が生んだ子
外猫が家屋、敷地内で生んで育てた子などを
「殺処分してくれ」と持ち込む
あわよくば「ボランティアに助けられて殺されなくても済むかもしれない」と
甘い夢を見て・・・
しかし、抵抗力の少ない幼齢の子猫は
病気になりやすい
いろんなところから一緒に集めて持ってきて
一緒にしてしまうので潜伏期間中に移しあって
簡単なウィルスで弱ってしまう、時に死す
いろんな病気をもらってきてるので
さらにボランティアの手を煩わせて
(時にボラの飼い猫にまで移す)
運よく生き延びれた子もいるが
それは全体のほんの僅かである

持ち込んだ猫のほとんどは死んでいるというということを
持ち込んだ人は心に刻んでおいてほしい
まぁ殺すところに満ち込んでいるのだから当然だろうと思う

この殺処分という我々国民の税金を
殺すことに使っている残虐で文化の低い行為を辞めさせるには
やはり不妊去勢手術の徹底しかない
生まれてくる命のすべての面倒を見れないのなら


続く↓
【ボランティア】

どちらにもボランティアが
少しでも多くの命を救おうと関わっている
ボランティアは自由意志で自主的に行っている
慈善行為なのでこうしなければならないという決まりはないし
できない事をあえてしなくてはならないとは思わない

TNRは精神的にも肉体的にも、かなりハードな活動である
それに骨身を惜しまず頑張っている人がいる
しかし、できるボランティアは少なく人材不足

人手が足りていないし私は元気だから
こっちをやることになってしまった・・・

愛護センターの引き出し担当は今のところやっていない
猫に関しては外猫優先で収容を超えているから
犬に関しては今後の課題ねある


【TNR】も【愛護センター】での引き出しも
それをするボランティアは
外に暮らす猫や殺処分を待つ犬猫と
同じ位置に立っている
自分の手に持てる命と共に
生還している

今は【福島被災】動物の救出という活動もあるが
こちらも同じ
目に見えない放射能という恐怖と闘いながら
そこに取り残された命と同じ位置に立って
生還してきている

何もすべてのボランティアが
ここまでできなくてはいけないとは思わない
ただその行為をする人に
私は畏敬の念を込めこうべを垂れる

そして生還できなかった小さな命に詫びて
祈る

ん?今回結構まじな記事だけどホントに「しばごんのブログ?」
KAKUTEI申告で頭がショートしたか?
スポンサーサイト

1件のコメント

[C1359] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012-02-24
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nishieifuku.blog36.fc2.com/tb.php/2383-0de4e87f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

sonarbangla

「預かり日記」へようこそ!
愛しのレディとCoCoたん
そして、
杉並の「飼主のいない猫」たち
全ての愛すべき者たちへ・・・

Extra

プロフィール

sonarbangla

Author:sonarbangla
「預かり日記」へようこそ!
愛しのレディとCoCoたん
そして、
杉並の「飼主のいない猫」たち
全ての愛すべき者たちへ・・・

最近の記事

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D01

いつでも里親

いつでも里親募集中

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。