Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1374]

お疲れさまです。
年末に某国へ遊びに行きましたら…街の中の公園で「ホームレスのペットを守ってあげよう」運動が展開されておりました。お家が無くたって動物と一緒に暮らす権利(?)を犯されるべきではない…という考え方に反対はしないけれども、諸手を挙げての賛成はしかねる…と思い募金はご遠慮申し上げたのですが。

ホームレスの方々のワンコやニャンコは、それはやっぱり「外飼い」になるんでは??? 
人間も動物も外ではかわいそうじゃない?と思う反面「自分が飼うから」と手放せなかったその方のお気持ちも十分に同情というか、お察しできる。
難しい…。

シロチャ君にも早く、暖かい屋根のあるお家が見つかりますように!
  • 2012-03-24
  • 投稿者 : ちゃちゅけ。
  • URL
  • 編集

[C1375] この国は・・・

ちゃちゅけさん
いつもコメントありがとうございます

そうですね・・・
こういう問題に突き当たると
人は何をすればいいのかと
立ち尽くしてしまいます

ホームレスの存在も忘れられないし
そこに関わる動物のことも無視できません

そして行政の施設では
人間の収容はしても
動物まで一緒にということは
あり得ないでしょう

人間もあまり入りたくないらしいですから
でもって
こういう施設は用意している
入らないのは本人の選択の自由だから
強制はできない
から
仕方がないという
ようなことを
行政の人たちはいつも言います

施設の問題点などは入ってる方々や
入りたい方々が
「こうしてくれ」って強い立場で言えないのも
この国の特徴ですね
「お世話になってるから我慢」
「文句があれば出ていけばいい」
的なモノの考え方がこの国を支配しているのですね

動物はさらにその下の扱いですから
私たちに道のりは長く厳しいです

でもやらなければ
変わるはずがないから
やるっきゃ、ないですよね!!



  • 2012-03-24
  • 投稿者 : しばごん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nishieifuku.blog36.fc2.com/tb.php/2410-6fd6dc60
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ホームレスの猫

数年前に知人がTNRをした場所
そこには数匹の猫と
2人のホームレスがいました

たしか・・・
子猫たちは里親を見つけようと
持ちかけたが
ホームレスの1人が
「自分が飼うから」と手放さなかった

リードをつけて可愛がられていた猫の姿は
よく見かけていた

それが
ホームレスの1人が亡くなってしまい
もう一人のホームレスはどこかに消えてしまい
猫が取り残されてしまったとのことで
知人が保護し里親を探したいとの事でした

20120309202109.jpg
大人しくて甘えん坊の白茶君です
写真はまだ凹んで落ち込んでる感じですが
とても良い子です

人間の勝手に翻弄される
小さな命
「どうして?」「だから・・・」と
ふっと考えさせられ心が締め付けられますが
目の前にいる命はみんな同じ
良い里親さんが見つかるよう
助けてあげなくてはと思います
(イイ写真撮れたらまたご紹介します)

スポンサーサイト

2件のコメント

[C1374]

お疲れさまです。
年末に某国へ遊びに行きましたら…街の中の公園で「ホームレスのペットを守ってあげよう」運動が展開されておりました。お家が無くたって動物と一緒に暮らす権利(?)を犯されるべきではない…という考え方に反対はしないけれども、諸手を挙げての賛成はしかねる…と思い募金はご遠慮申し上げたのですが。

ホームレスの方々のワンコやニャンコは、それはやっぱり「外飼い」になるんでは??? 
人間も動物も外ではかわいそうじゃない?と思う反面「自分が飼うから」と手放せなかったその方のお気持ちも十分に同情というか、お察しできる。
難しい…。

シロチャ君にも早く、暖かい屋根のあるお家が見つかりますように!
  • 2012-03-24
  • 投稿者 : ちゃちゅけ。
  • URL
  • 編集

[C1375] この国は・・・

ちゃちゅけさん
いつもコメントありがとうございます

そうですね・・・
こういう問題に突き当たると
人は何をすればいいのかと
立ち尽くしてしまいます

ホームレスの存在も忘れられないし
そこに関わる動物のことも無視できません

そして行政の施設では
人間の収容はしても
動物まで一緒にということは
あり得ないでしょう

人間もあまり入りたくないらしいですから
でもって
こういう施設は用意している
入らないのは本人の選択の自由だから
強制はできない
から
仕方がないという
ようなことを
行政の人たちはいつも言います

施設の問題点などは入ってる方々や
入りたい方々が
「こうしてくれ」って強い立場で言えないのも
この国の特徴ですね
「お世話になってるから我慢」
「文句があれば出ていけばいい」
的なモノの考え方がこの国を支配しているのですね

動物はさらにその下の扱いですから
私たちに道のりは長く厳しいです

でもやらなければ
変わるはずがないから
やるっきゃ、ないですよね!!



  • 2012-03-24
  • 投稿者 : しばごん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nishieifuku.blog36.fc2.com/tb.php/2410-6fd6dc60
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

sonarbangla

「預かり日記」へようこそ!
愛しのレディとCoCoたん
そして、
杉並の「飼主のいない猫」たち
全ての愛すべき者たちへ・・・

Extra

プロフィール

sonarbangla

Author:sonarbangla
「預かり日記」へようこそ!
愛しのレディとCoCoたん
そして、
杉並の「飼主のいない猫」たち
全ての愛すべき者たちへ・・・

最近の記事

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D01

いつでも里親

いつでも里親募集中

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。